東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

新聞の役割解説 県立図書館

鈴木取締役論説委員長(右)の講演を聞く参加者

 「図書館と新聞」をテーマにした講演会は26日、福島市の県立図書館で開かれた。
 同図書館の主催、福島民報社の共催。報道機関の使命や記録を後世に伝える「アーカイブ」の大切さについて考え合おうと企画した。福島民報社の鈴木久取締役論説委員長が講師を務め、約50人が参加した。
 鈴木委員長は過去の紙面を例示しながら新聞の役割や紙面の活用法などを説明。「東日本大震災の被災地には経験を次世代に伝え、世界に発信していく責任がある」と、震災後の報道の在り方についても述べた。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧