東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

偽装請負調査へ 第一原発病死の男性作業員で厚労省

 東京電力福島第一原発で22日に男性作業員(57)が急性心筋梗塞で死亡したのを受け、厚生労働省は27日までに、男性作業員が「偽装請負」の状態で働かされていた可能性があるとして調査する方針を固めたことが分かった。
 東電によると、男性作業員は日立GEニュークリア・エナジーが受注した汚染水貯蔵タンクの増設工事で4次下請けの建設会社に所属。1次下請け所属の現場監督1人の下で4人の作業員とともに働いていたという。
 職業安定法では請負契約で作業員を直接指揮命令する偽装請負を禁止している。同省は死亡した男性作業員の雇用形態などを詳しく調べる方針。東電は「元請けから工事は適正に行われていたと報告を受けており、現時点で調査する予定はない」としている。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧