東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

新事務所を開設 放射性物質分析の拠点に 県原子力センターとJAEA

新たに開所した県原子力センターとJAEAの事務所

 福島県原子力センターと日本原子力研究開発機構(JAEA)は19日、福島市笹木野に新たな事務所を開設した。土壌や水質に含まれる放射性物質の分析など各種モニタリング検査の拠点となる。
 3階建ての空きビルを改装した。1階に県原子力センター、2階にJAEAの分析室や実験室が入る。3階は両組織の事務所となっている。
 県原子力センターは東京電力福島第一原発事故後、大熊町の施設が使用不能となった。市内方木田の福島支所で業務に当たっていたが、手狭なことから分析装置などを移した。ゲルマニウム半導体検出器などを増台し、県職員ら21人態勢で業務に当たる。JAEAは市内栄町にある事務所の各種装置を移動させるほか、新たにホールボディーカウンターなどを導入する。
 初日は開所式が行われ、荒竹宏之県生活環境部長、石田順一郎JAEA福島技術本部福島環境安全センター長が施設に看板を掲げた。荒竹部長は「モニタリングは県民の関心が高い。除染効果の検証業務なども進めたい」と話した。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧