東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

本県食卓「心配なし」 日常での摂取、ごく微量

 福島県は24日、県民78人を対象にした日常食の放射性物質モニタリング調査結果を発表した。1日当たりの放射性セシウム摂取量の最大値は2.6ベクレル。1年間食べ続けた場合の内部被ばく線量の最大値は0.014ミリシーベルトで、国が示した基準値の1ミリシーベルトを下回っており、県は「健康を心配するレベルではない」とする。消費者団体からは「ひとまず安心」との声が上がる一方、小さな子どもを持つ母親らは不安を拭いきれずにいる。
 日常食から摂取される1日当たりの放射性セシウム量などの調査結果は【グラフ】の通り。最大値は1.72キロの食事を摂取した人の2.6ベクレル。2ベクレル未満が74人を占める。1キロ当たりの放射性セシウム量に換算すると最大は1.49ベクレルだった。毎日摂取することを前提とした国の基準値である「一般食品の100ベクレル、乳幼児食品や牛乳の50ベクレル、飲料水の10ベクレル以下」を大きく下回った。
 1日当たりの放射性セシウム摂取量を基に、1年間同じ食事を食べ続けたと想定した内部被ばく線量を年齢に応じた係数を使って計算すると、最大は0.014ミリシーベルトだった。
 国が東京電力福島第一原発事故を要因とする内部被ばくの安全基準値として示した年間1ミリシーベルトと比較しても、十分に低い数値だった。県は「流通している食品を使った食生活に問題がないことが確認された」としている。
 県によると、カリウム40など自然界にあって食品に含まれる放射性物質による1年間の内部被ばく線量は約0.98ミリシーベルトで、今回調査の平均値は、この70分の1程度となっている。さらに、原発事故を要因とする内部被ばく線量は、これとは別に設定されている。
 文部科学省の調査では、原発事故前の10年間の1日当たりの放射性セシウム量の全国最大値は0.56ベクレルだった。ただ、昭和40年代には核実験の影響で最大4.4ベクレルを記録したこともあるという。
 調査は6月に実施された。県内各地の生後1カ月~77歳の男女78人の1日の食事を提供してもらい、日本分析センターなどで放射性セシウムを測定した。

※日常食の放射線モニタリング調査
 同じ県民を対象に今年度4回実施する予定。朝、昼、夜の3食、間食、飲料、外食など全ての飲食物の提供を受け、ゲルマニウム半導体検出器で調べる。2回目は9月末に実施する。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧