東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

北塩原村とUPF  チョウザメ養殖で立地協定

協定書に調印し、握手を交わす小椋村長と遠藤社長(右)

 福島県北塩原村は27日、村内で国内最大規模のチョウザメ養殖事業に取り組む「裏磐梯パイロットファーム」(UPF)と企業立地協定を結んだ。同日、村内のホテル観山で協定書締結式が行われた。(18面に関連記事)
 約20人が出席し、小椋敏一村長とUPFの遠藤清武社長が協定書に調印した。小椋村長は「互いに協力して村の活性化を目指したい」、遠藤社長は「裏磐梯といえばチョウザメとなるようブランド力を高めていきたい」とあいさつした。
 チョウザメ料理の試食も行われ、出席者が刺し身や酒蒸しなどの料理を味わった。
 養殖事業は村内の旧大塩小の体育館とプールを活用し、10月下旬に始める。雄は2、3年後に食用肉・加工品、雌からとれるキャビア(卵)は約7年後に出荷を目指す。最大12万匹の養殖を計画している。村は雇用に対する補助金などで協力する。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧