東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

30日まで母親支援企画 白河、タペストリー展示や体験

元気を発信するタペストリーの前に立つ永野さん(左から3人目)と藤本さん(右から2人目)ら関係者

 放射線の問題に悩みながら子育てを続けている母親を後押しし、元気づけるイベント「ひとりじゃないよ」は28日、福島県白河市南湖公園内の明治記念館で始まった。30日まで。
 白河市内の地域子育て支援サークル「たんぽぽサロン(永野美代子代表)」の関係者でつくる実行委員会の主催で市などの後援。
 会場2階には「福島に住む親子の元気と、絆の強さを全国に発信しよう」との意志を込めて作成した大型タペストリーが展示された。たんぽぽサロンを利用する親子が素材作りに協力、趣旨に賛同する泉崎村在住のキルト作家藤本亮子さんのデザインを基に完成させた。手作り小物や手芸品も展示されている。会場一階では日替わりで催しを開催、29日はトールペイント教室、30日はリラクゼーション体験を行う(参加有料)。会場前ではバザーを開催した。永野さんは「来場した人に『白河で頑張って子育てする』という思いを強くしてもらえれば」と話している。
 時間は午前10時から午後6時(最終日は午後5時)まで。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧