東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

県、あづま競技場整備検討 陸上日本選手権の誘致支援

 福島県は福島陸上競技協会の進める平成26年の日本陸上競技選手権大会誘致を支援するため、会場候補となるあづま陸上競技場(福島市)に関連設備を整備する検討に28日までに入った。予算を抑えるため、レンタルでの対応を視野に入れている。
 26年大会をめぐっては本県の他、4県の陸協が誘致に名乗りを上げている。誘致活動を有利に進めるためには、あづま陸上競技場に大型スクリーンや照明設備を設置する必要があるとされる。購入費用は総額1億円超だが、レンタルの場合、数千万円にとどまるとみられることから、県は設備を借り受けて対応する案を中心に検討しているもようだ。
 日本陸上競技連盟は12月の理事会で開催地を決める方針で、県は予算確保に向けた活動を国への要請も含め本格化させる。ただ、毎年開催される大会で、特定の都道府県に限って国が財政支援するかどうかは不透明だ。
 一方、県内部には、全国規模のスポーツ大会の誘致強化を目指し、あづま陸上競技場に常設の大型スクリーンや照明設備を設けるべきだとする意見もあり検討を重ねる。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧