東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

思い出に"再会" 楢葉北、南小児童と保護者震災後初校舎立ち入り

震災後初めて教室に入り、当時使っていたランドセルや学用品、体操着などを持ち出す親子=楢葉北小

 東京電力福島第一原発事故で避難指示解除準備区域になっている福島県楢葉町の楢葉北小と楢葉南小で29日、児童や父母らが東日本大震災後初めて校舎内に立ち入り、避難するため教室に置いたままだったランドセルや学用品などの私物を持ち出した。
 このうち楢葉北小には午前中だけで各地の避難先から親子ら約30世帯、約70人が訪れた。各教室の黒板には白チョークで記された「3月11日(金)」の日付が残り、時計の針は地震発生時の午後2時46分すぎで止まっていた。
 当時6年生で現在はいわき市の中学2年塩井桜子さん(13)は使っていた机に駆け寄ってランドセルや体操着、鍵盤ハーモニカなどを手に「懐かしい。大切に取っておく。避難でバラバラになったクラスのみんなにも会いたい」と話した。
 両校は現在、いわき市内の仮校舎で授業を続けている。持ち出しは30日も行われる。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧