東日本大震災

「あなたを忘れない」アーカイブ

  • Check

船大工から漁業へ

■南相馬市小高区塚原 村田武治さん(74)
 人生の多くを海と関わる仕事と向き合った。20代のころは、いわき市小名浜で船大工として働き、30代に古里の南相馬市に戻り、漁師の道へ。毎朝4時ごろに起き、浪江町の請戸港へ車を走らせる。約4トンの船に乗り、ヒラメやメバルなどを刺し網で捕った。
 70歳を過ぎても体力は衰えなかった。休みの日も漁に使う網の準備や整理を怠らない。そんな夫を妻ナカさん(74)も手伝った。趣味はなく、旅行にも行ったことはなかった。それでも2人で手を取り合い、充実した日を送っていた。
 村田さんはナカさんと一緒に自宅にいた時、震災に遭った。いったんは遠くに避難しようとしたが、村田さんは「ガスの元栓を閉めてくる」と言って家に戻り、津波に襲われた。昨年3月末、家から約200メートル離れた場所で見つかった。

カテゴリー:あなたを忘れない

「あなたを忘れない」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧