東日本大震災

  • Check

県、食の基本方針見直し

基本方針の見直しが示された幹事会

 福島県は食品の安全確保に向けた行政や事業者の責務などを記した「県食品の安全確保に係る基本方針」を見直す。16日に県庁で開かれた「ふくしま食の安全・安心推進会議」幹事会で示した。現行の基本方針は平成14年に策定された。昨年の東京電力福島第一原発事故で、食を取り巻く環境が大きく変化したことから改める。放射性物質検査による食品の安全確保などを新たに盛り込む予定。
 消費者、生産者から意見を聞いた上で、11月下旬に開く推進会議で決定する。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧