東日本大震災

  • Check

メンバーに本県関係者 規制委新設の監視・評価検討会

 東京電力福島第一原発の「特定原子力施設」指定に伴い、原子力規制委員会(田中俊一委員長=福島市出身)は新設する監視・評価検討会メンバーに複数の本県関係者を入れる方針を固めた。田中委員長が17日の記者会見で明らかにした。
 田中委員長は「福島県から複数入ってもらうことを検討している。次回(定例会合)にはメンバーを発表できると思う」と語った。監視・評価検討会は本県関係者の他、規制委の委員、規制庁職員、原発の安全確保に関する有識者などで構成し、海外の知見も取り入れて監視する。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧