東日本大震災

「3.11大震災・断面」アーカイブ

  • Check

【あんぽ柿加工自粛】除染徹底 なぜ基準超 県、仕組み解明へ 農家「植え替えるしか」

収穫した柿を無念そうに見詰める佐藤さん=16日、伊達市保原町

 2年連続の「あんぽ柿」加工自粛を受け、県やJAはメカニズム解明に向けた詳細検査や原料柿の線量マップづくりなどの対策に乗り出した。昨冬から今年にかけて樹木の表皮を剥ぐなどして徹底的に除染したにもかかわらず、試験加工したあんぽ柿の検査で放射性物質が基準値を超えたことに、農家らにショックが広がる。放射性物質が柿の実に移行する実態は解明できていない部分が多く、「伐採し、新たな木を植えるしかないのか」との声も出ている。

■樹皮剥いだが...
 「予想より多くの放射性セシウムが樹木内に蓄積されていた」。県農業総合センター果樹研究所の専門研究員佐藤守さん(59)は残念がる。
 研究所は、東京電力福島第一原発事故で飛散したセシウムが柿の木の樹皮から樹木内に取り込まれていることを突き止め、昨年、樹皮を剥がすことをJAなどに提案。各農家は冬の間、高圧洗浄機を使い水圧で樹皮を剥がす作業に取り組んだ。
 今年は、樹皮を剥いだ上で生育した果実に含まれるセシウムの量を、昨年の同じほ場の樹木の果実と比較する実験をした。しかし、セシウムの量は最大で80%低減したが、一部の果実では30%台にとどまっていることが判明した。柿の樹木の表面は、モモなどの他の果物と比べて凹凸が多く、表面積が大きいため、セシウムの吸収量の増加につながった可能性があることも分かった。「原発事故発生から樹皮を剥ぐまでに1年近くが経過しており、その間に多くのセシウムが既に内部に取り込まれていたのだろう」と佐藤さんは推測する。今回の研究成果を基に解明を進める。
 JA伊達みらいはあんぽ柿の原料となる柿に含まれるセシウムの量について8月末からほぼ全戸の農家を検査した。総点数は1674点にも上り、柿の種類によってセシウム検出の傾向が異なることが判明した。今後、結果をマップにまとめる。検出量に地域や農地で差がないかを確認し、地域別の対策検討などに役立てる。

■先行き見えず
 「今年こそ出荷できると思って、準備してきたのに」
 伊達市保原町の柿農家佐藤隆夫さん(65)は15日、県の加工自粛要請を受け、無念さをにじませながら、柿の実を1つ1つもいだ。「2年連続で作れなかったことで、伊達のあんぽ柿が忘れられてしまう」と来年以降への不安を口にする。
 JA伊達みらいは12日から17日にかけて管内で農家らを対象にした説明会を開いた。担当者は県からの自粛要請の概要を説明しただけで、具体的な対策を示さなかったことに、出席者からは不安の声が相次いだ。
 伊達地方であんぽ柿の原料柿を栽培している男性(63)は、昨年は生産を休んで、高圧洗浄機で樹木全体を洗うなど除染に取り組んできた。しかし、今年も生産自粛になったことに「伐採して新たな木を植えるしか対策はないのか」と落胆する。1度伐採し、新しい木が育って実を付けるまでは10年近くかかる。さらに植え替えに伴い土壌に放射性セシウムが入り込んでしまう可能性も懸念する。
 国見町の農家女性(60)は「あんぽ柿農家は高齢者も多い。先行きが見えない状況では担い手も減ってしまう」と話し、「営農意欲を持続できるような長期的な対策が必要だ」と訴える。

■ブランドの危機
 伊達市のJA伊達みらい直売所「んめ~べ」の担当者は「あんぽ柿を目当てに来店する人も多かった。人気商品だっただけに残念」と2年連続の生産自粛に肩を落とす。
 あんぽ柿は、渋柿を硫黄でいぶして干すことで、鮮やかなオレンジ色のまま、みずみずしい干し柿になる。その味が認められ平成20年からは皇室に献上され、ブランドとして定着していた。
 関西地方の有名デパートなどに卸していた梁川町の農家男性(60)は「今年も自粛になったと伝えたら、既に別の商品を並べることが決まっていた」と話す。「もし来年生産が再開できても、取引してもらえずに別な商品で代用されてしまうのでは」と、長年かけて築き上げたブランドが崩れていくことに危機感を募らせている。


【背景】
 県は5日、福島、二本松、伊達、桑折、国見、川俣の6市町で生産される「あんぽ柿(干し柿)」について、試験的に加工した検体の放射性物質検査で食品衛生法の基準値(1キロ当たり100ベクレル)を超えたとして関係市町と生産者団体に加工自粛を要請した。自粛要請は2年連続。試験加工の結果、放射性セシウムは、最大があんぽ柿で1キロ当たり410ベクレル、干し柿が420ベクレルだった。原料に使った平核無(ひらたねなし)柿と蜂屋柿は全て基準値以下で、平核無柿の96.9%、蜂屋柿の94.6%は50ベクレル未満だった。原料柿に比べ、あんぽ柿は1.5~8.9倍、干し柿は2.8~14.5倍に濃縮された。

カテゴリー:3.11大震災・断面

「3.11大震災・断面」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧