東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

4路線35キロ国直轄で 県要望、小名浜道路を新設

 避難区域内など8路線の道路の重点整備で県は、小名浜港と常磐自動車道を結ぶ小名浜道路新設と、399号国道、114号国道、県道吉間田滝根線の3路線の一部改良の計4路線総延長約35キロについて、国の直轄権限代行事業で実施するよう要望する。早期の事業完了を目指す狙いがある。
 直轄権限代行区間の事業費は、総事業費のほぼ半額の800億円を見込む。いずれも現場の高低差が激しいなどの理由で高度な施工技術が求められる箇所で、トンネル化や橋の新設を実施する。
 直轄権限代行区間を除く総延長約100キロについては、県事業として実施する方針。道路拡幅や路面の補修、一部のバイパス化などを進める。国の予算が認められれば、平成25年度に各路線で基礎調査や具体的なルート設計に入り、26年度以降に用地買収に乗りだし、順次、着工する。
 佐藤雄平知事は23日の定例記者会見で、「本県の復興に向けた戦略的な道路整備に取り組む」と意欲を示した。
   ◇  ◇
 佐藤知事は11月上旬、8路線の重点整備の予算確保に向け、復興庁や財務省、国土交通省に対する要望活動を行う。
 常磐自動車道の早期全線開通、115号国道霊山-福島間と6号国道勿来バイパスの新規事業化も求める。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧