東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

リンゴ全箱検査へ 石川町 来月から県内初 より安全、安心に

リンゴの放射性物質を計測する検査機器

 福島県石川町は11月から、町内産のリンゴの安全性をさらに証明するため、放射性物質を調べる全箱検査を始める。検査結果をホームページで公表する際、生産者のコメントなどを併せて紹介し、町産のリンゴのPRにも役立てる。県によると果物の全箱検査に乗り出すのは県内で初めて。
 検査は町内赤羽のJAあぶくま石川果実共同選果場に設置した専用の検査機器1台で行う。選果ラインの最終工程にあり、選果後の果実を収めた箱がベルトコンベヤーにより検査機器を通過する。一般食品の放射性物質基準値(1キロ当たり100ベクレル)未満の箱に検査済みのラベルを貼る。
 検査結果は番号で管理する。番号はラベルに記してあり、消費者が町のホームページで番号を入力すれば生産者情報を閲覧できる。
 検査機器はコメ全袋検査用の機器を生産している富士電機(東京)が、ラベルを貼る装置はサトー(東京)が、それぞれ無償で貸し出した。検査機器はコメの検査で使っている機器の高感度型で、検出下限値は1キロ当たり25ベクレル。独立行政法人科学技術振興機構(埼玉県)の研究成果展開事業の採択を受け開発した。
 2年間のモデル事業として行い、来年度はナシやモモの検査も検討している。坂本立平JAあぶくま石川りんご専門部会長(54)は「より安全と安心さを確保できる」と検査を歓迎している。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧