東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

災害対応ロボット実演 南相馬 市と産業協が技術展

原発内の活動を想定した過酷災害対応ロボット

 福島県南相馬市と南相馬ロボット産業協議会(佐藤則夫会長)が計画する災害対応ロボット育成活用センター構想の最新ロボットデモンストレーションと技術展示会は26日、同市原町区のテクノアカデミー浜体育館などで行われた。
 同協議会は、相馬地域に多い機械金属製造業を生かそうと昨年12月に30社で設立した。東日本大震災と東京電力福島第一原発事故からの復興と産業創出、雇用確保を目指す。
 大成建設、竹中工務店・竹中土木、日立建機、双日エアロスペース、菊池製作所、fuRo(千葉工業大未来ロボット技術研究センター)が参加した。災害用救助搬送ロボット、建設機械の高性能リモコンシステム、無人化機械、原子炉建屋に投入されている放射線量計測ロボットの新型などを紹介した。同協議会員、テクノ浜や小高工高生らが見学した。
 センターは原発廃炉、除染に当たるロボットの研究開発、運用、訓練教育で企業連携の場を目指す。同協議会は11月にもデモ参加企業と検討チームを組織する予定。市はセンター用地として原町区下太田地内の47ヘクタールを約9億円で買収する。
 開会式で佐藤会長があいさつ、桜井勝延市長が「原発廃炉に向けた産業育成の拠点にしたい」と話した。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧