東日本大震災

  • Check

政府、年末年始の宿泊検討 5市町村の居住制限・避難解除準備区域

 避難区域を再編した田村市、川内村など5市町村の居住制限・避難指示解除準備区域について、政府は年末年始に限り、区域内での宿泊を認める方向で検討を始めたことが21日、関係者の話で分かった。
 対象は田村、川内のほか、避難区域の再編順に南相馬、飯舘、楢葉の各市町村。
 居住制限・避難指示解除準備区域は立ち入りできるが、放射線量が高いことや、生活に必要な公共インフラが復旧していないなどの理由から宿泊は認められていない。しかし、住民から「お正月ぐらいは自宅で過ごしたい」などの要望があり、「特例措置」を設ける。
 政府は既に各市町村の意向確認を始めた。最終的には、同意が得られた市町村のみ、区域内での宿泊を認めるとみられる。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧