東日本大震災

  • Check

福島市の旧下川崎村でコメ基準値超える

 県は23日、平成24年産米の全袋検査で、福島市旧下川崎村の農家が生産した玄米2袋から、食品衛生法の基準値(1キロ当たり100ベクレル)を超える170~180ベクレルの放射性セシウムを検出したと発表した。
 旧下川崎村は全袋検査などの管理計画に基づくことを条件に作付けが認められた事前出荷制限区域のため、県は旧市町村単位の出荷自粛は求めない。
 県はこの他、福島市の旧福島市と旧下川崎村、伊達市の旧堰本村と旧富野村、郡山市旧日和田町の玄米6袋の詳細検査を実施した。セシウムは全て検出下限値未満か基準値以下で、最大値は92ベクレルだった。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧