東日本大震災

「あなたを忘れない」アーカイブ

  • Check

温厚で仕事熱心 型枠大工 魚さばき手料理

■新地町小川 北原勇さん(69)
 勇さんは型枠大工時代、小学校やスキー場など、大きな建物の建設に携わった。現場が他県だったときには、帰りの時間が午後10時を超えることもあった。仕事熱心で、退職後もシルバー人材センターに登録して働いた。
 温厚な人柄だった。頼まれると首を横に振ることはなかった。近所の人に棚作りなどの日曜大工を依頼されることが多く、町内会の役員も嫌な顔をせず引き受けた。
 自宅の片付けをしていたときに津波に巻き込まれたとみられている。震災から間もなく、宮城県亘理沖で見つかった。県外で発見されたため、家族はすぐに確認することができなかった。正式に分かったのは、DNA鑑定が終わった今年の夏だった。
 仕事が終わってから、家族で囲む食卓が大好きだった。手先が器用で、漁業関係の会社で働いていた長男祥孝(よしたか)さん(40)が持ち帰った魚をよくさばいた。祥孝さんは「おやじが作るサケのちゃんちゃん焼きは最高にうまかった。切り身とたっぷりのキャベツをみそで味付けしてあって...」と2度と口にすることができない味を思い浮かべている。

カテゴリー:あなたを忘れない

「あなたを忘れない」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧