東日本大震災

  • Check

浜田副大臣、亀岡政務官が担当 福島復興局、常駐するかは未定

 根本匠復興相(衆院本県2区)は28日の会見で、福島復興局を浜田昌良副大臣(公明、参院比例)と亀岡偉民政務官(自民、衆院本県1区)が担当することを盛り込んだ副大臣、政務官の担務を発表した。
 亀岡政務官は内閣府政務官を兼務するため、復興局には週3日程度滞在し、指揮に当たる。浜田副大臣も復興局に駐在するが、常駐するかどうかは未定。
 これまでは復興局に政務官1人が常駐し、本県担当副大臣は東京の復興庁で活動してきた。
 根本氏は福島復興局の態勢について「(復興相の他に)福島原発事故再生総括担当を任せられた。福島復興局は地震、津波に加えて原子力災害の問題も抱えている。安倍首相の指示に基づいて態勢を強化していく」との考えを示した。
 会見に同席した浜田副大臣は「被災地では復興のスピードと被災者一人一人にいかに寄り添えるかが問題になっている。現地に入って、頑張りたい」と決意を述べた。
 浜田氏は公明党福島復興再生推進プロジェクトチームの事務局長で、これまでに福島復興再生特別措置法の成立などに携わった。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧