東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

区域再編案の説明会 富岡、若松トップに開始

除染や賠償についての質問が相次いだ富岡町の住民説明会

東京電力福島第一原発事故に伴う警戒区域再編についての富岡町の住民説明会が24日、会津若松市の会津大をトップに始まった。来月20日まで、県内外の9会場で延べ11回開く。
 初日は会津地方に避難している住民ら約70人が出席した。遠藤勝也町長が「警戒区域の見直しを行い、4月以降、インフラの復旧作業に着手したい。除染も本格化させ、真の復興元年の年にしたい」とあいさつした。
 町の担当者が昨年12月にまとめた警戒区域の再編案を説明した後、復興庁や環境省、資源エネルギー庁の担当者が財物賠償や除染についての国の方針を明らかにした。
 町民からは除染や賠償に関する質問が相次いだ。不適正な除染が行われていたことが発覚したことを受け、管理体制の強化を求める意見も出された。
 借り上げ住宅に暮らす男性は「現在の住宅は寒さが厳しい。長期間、帰還できず、住み替えを認めてほしい」と求めた。復興庁の担当者は「借り上げ住宅の住み替えには制限があるが、長期避難の現状を踏まえ、よく検討したい」と答えた。遠藤町長も国に要望する考えを示した。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧