東日本大震災

  • Check

タラノメ今年も出荷 避難先から通い栽培 川内

ハウス内でタラノメの収穫に追われる坪井さん夫妻

 福島県川内村でハウス栽培のタラノメの収穫が最盛期を迎えている。
 同村のタラノメ生産組合長坪井利一さん(75)方では、坪井さんと妻紘子さん(73)らが水耕栽培で7センチほどに育った黄緑色のタラノメを収穫している。
 坪井さん夫妻は東京電力福島第一原発事故で避難を余儀なくされ、作業ができない期間があった。その後は避難先の郡山市から通いながら村内での栽培を続けている。
 昨年は畑の手入れが行き届かなかったのと風評被害で生産量、売り上げがともに例年の3割ほど減少。今年は畑の消毒不足や害虫の大発生などで使用できる枝が原発事故前の一割程度になった。昨年も今年も放射性物質は未検出。坪井さんは「生産量は少ないが味は良いので安心して食べてもらいたい」と話し、今後は木を植え替え、生産活動を継続していくという。
 作業は2月下旬まで続き、JAふたばを通し県内に出荷される。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧