東日本大震災

  • Check

かまくらに希望の光 美里の仮設住宅ならは雪まつり

かまくらにともされた明かりが仮設住宅周辺を幻想的に照らした「ならは雪まつり」

 福島県楢葉町民が避難生活を送る会津美里町の宮里仮設住宅で16日、「第2回 ならは雪まつり」が開かれた。会津の厳しい寒さを吹き飛ばすように、子どもたちは雪国ならではの遊びを元気いっぱいに楽しんだ。
 古里から100キロほど離れた会津地方には現在、楢葉町民約500人が暮らしている。長引く避難生活の中、雪に囲まれた会津での生活を楽しみ、将来への希望を持とうと、昨年に続き宮里仮設住宅自治会が主催した。
 寒風が吹く厳寒の中、子どもたちは寒さを忘れて、雪にまみれながら雪合戦やそり滑りなどを楽しんだ。
 会場では会津地方の企業による支援で甘酒や豚汁、焼きそばが振る舞われ、地元住民がボランティアで運営をサポートした。自治会長の渡辺敏正さん(45)は「地元の皆さんの協力のおかげだ。子どもたちは生き生きとした笑顔で遊んでくれた」と充実した表情を見せていた。
 日が沈んだ午後6時ごろ、かまくらのろうそくに灯がともると、辺りは幻想的な光に包まれた。震災から間もなく2年。住民らは古里の復興を祈りながら、希望の光を見詰めていた。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧