東日本大震災

  • Check

震災からの復興願い水行 福島の中野不動尊

滝に打たれながら震災からの早期復興を願った参加者

 平安時代から続くとされる修験者の「水行」が17日、福島市飯坂町の中野不動尊で行われ、参加者が東日本大震災からの復興や無病息災、家内安全などを祈願した。
 水行をしたのは県内外の10代から60代まで男女約40人。小雪が舞う酷寒の中、ほら貝を吹く本田大助住職を先頭に、白装束を身にまとった参加者が梵天(ぼんてん)を奥の院に奉納した。続いて滝つぼに入り、約10メートルの高さから勢いよく流れ落ちる滝に打たれた。
 大勢の参拝客が見守る中、水の冷たさに耐えながら一心不乱に般若心経を唱えた。
 市内から参加した会社員の服部広史さん(52)は「昨年に続き2回目。震災後に生まれた2人の孫の健やかな成長と復興を祈願した」と語った。
 水行は28日も午前9時から行われる。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧