東日本大震災

  • Check

会員400人が復興へ結束誓う JC福島ブロック協が新春のつどい

ステージ前で紹介を受ける福島ブロック協議会の新役員

 日本青年会議所(JC)福島ブロック協議会の新春のつどいは17日、相馬市の相馬フローラで開かれた。
 県内19JCのメンバーら約400人が参加した。相馬JCの山中宣明理事長(38)が歓迎の言葉を述べた。新年度ブロック協議会役員が紹介された。
 亀沢耕一郎会長(38)=相馬JC=が「『ふくしま』の心はひとつ、打つ手は無限。」とする新年度スローガンを示し、「福島にはいまだ将来の展望を描けない被災者がいる。未来を切り開く担い手として、地域にともしびを照らす活動をしていきたい」と結束を呼び掛けた。立谷秀清市長らが祝辞を述べた。
 JCごとに新年度の活動方針などを発表し、地域復興に向け決意を新たにした。
 アカデミー委員会の開校式、白石豊福島大教授の基調講演なども繰り広げられた。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧