東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

放射線の健康影響考え意見交換 二本松

各市町村のアドバイザーなどが集まった意見交換会

 東京電力福島第一原発事故に伴う放射線の健康への影響を考える専門家の意見交換会は23日、二本松市の県男女共生センターで開かれた。
 環境省と県の主催。県内各市町村で健康管理などのアドバイザーを務める専門家同士が情報を共有し、市民生活に反映させることが目的。全3回のうちの2回目で、今回は「"食べる"を考える」をテーマにアドバイザー15人が意見を交わした。
 コープふくしまの野中俊吉専務理事が、コープが実施している食事調査や県産品応援企画、仮設住宅訪問活動などの内容を紹介。消費者庁消費者安全課の石川一課長補佐が、食品中の放射性物質の基準値が決められた経緯などを説明した。
 アドバイザーからは「全国と福島の住民では放射性物質に対する感覚が違う。福島ではより細かな情報を提示していくべき」「基準値を超えていなければ『食品を口にして大丈夫』としっかり説明するのが国の責任だ」などの意見が出た。
 最終回は3月9日、福島市のホテル辰巳屋で開かれる。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧