東日本大震災

  • Check

西田さん、福島で舞台あいさつ 映画「遺体 明日への十日間」公開

舞台あいさつした西田さん(右)と君塚監督

 全国公開中の映画「遺体 明日への十日間」の舞台あいさつは24日、福島市のワーナー・マイカル・シネマズ福島で行われ、主演の西田敏行さん(郡山市出身)と君塚良一監督が作品に込めた思いを語った。
 東日本大震災直後の岩手県釜石市の遺体安置所が映画の舞台で、次々と運び込まれる津波犠牲者を前に、困惑しながらも死者の尊厳を守ろうと奮闘する人々の姿を描いている。ジャーナリスト石井光太さんのルポルタージュが原作だ。
 遺体安置所の運営を手伝う地元の民生委員を演じた西田さんは「劇化することで、事実だけでなく真実を伝えることができるかもしれないと思った」と明かした。出演依頼を受けた当初は遺族の心情を考え「ためらい」もあったというが、「(この作品に)参加して良かった」と話した。
 君塚監督は「(震災によって)永遠に悲しみ、苦しんでつらい思いをする人たちがいるということを忘れてはならない」と語った。
 あいさつの最後に西田さんは古里への思いを口にした。「復興の日は必ず来るから、その日を信じて一歩一歩、力強く生きていこう」と呼び掛けると、会場から大きな拍手が起こった。ファンから「西田さんも頑張って!」と声援が飛び、「ありがどなぁ」と笑顔で応じた。
 製作はフジテレビジョン、配給はファントム・フィルム。収益は震災の被災地復興に役立てられる。
 県内では福島市のワーナー・マイカル・シネマズ福島とフォーラム福島で上映している。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧