東日本大震災

  • Check

復興担う人材支援 とうほう次世代経営者倶楽部発足 郡山で記念セミナー

震災の教訓を語る北村頭取

 福島県の復興を担う若手経営者を支援する東邦銀行の「とうほう次世代経営者倶楽部」が23日発足した。記念のセミナーが郡山市のホテルハマツで開かれた。北村清士頭取が「東日本大震災を体験して~あらためて考えたトップのあり方~」と題して講演した。
 北村頭取は震災直後から命の最優先、情報の一元化、現場への大幅な権限移譲などを徹底させたことが「(情報が)錯綜(さくそう)する中、功を奏した」と振り返った。震災対応の体験から「陣頭指揮・泰然自若」「即断即決・超法規」など十のキーワードを挙げ、トップのあるべき姿を語った。
 会員ら約400人が参加した。丹野真助常務・営業本部長が倶楽部設立の趣旨を説明。電子記録債権、事業継承、M&A、アジアビジネスの四分科会も開いた。参加者による交流会も催した。
 「とうほう次世代経営者倶楽部」は会員約600人。セミナーや実践講座、経営情報の提供などを通して若手経営者の人脈づくりや異業種交流を応援する。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧