東日本大震災

  • Check

福大で研究交流 環境の現状や回復への課題考える

基調講演する鈴木名誉教授

福島大共生システム理工学類の環境システムマネジメント専攻研究交流会「東日本大震災・原発事故と環境システムマネジメント」は24日、福島大で開かれ、震災と東京電力福島第一原発事故に伴う県内の環境の現状や回復に向けた課題を考えた。
 鈴木浩福島大名誉教授が基調講演し、県の復興計画や除染の取り組みなどについて持論を語った。続いて、川越清樹准教授が河川や海岸域の被災、難波謙二教授が放射性物質の動態、川崎興太准教授が除染の実態と課題に関する研究成果を発表した。
 後藤忍准教授を進行役とし、震災と原発事故に伴う環境問題や解決策を考えるパネルディスカッションも行った。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧