東日本大震災

  • Check

集団移転、いわきで造成開始 久之浜2地区

神事でかま入れをする渡辺市長

東日本大震災に伴う津波被災地の防災集団移転促進事業で、いわき市は27日、移転促進区域の久之浜町金ケ沢、末続両地区の移転先となる住宅団地の造成工事を開始した。同事業の工事着手は市内で初めて。
 金ケ沢の13世帯、末続の19世帯が対象で、両地区の各10世帯が住宅団地に移転を希望している。金ケ沢は大久町大久字北田、末続は地区内の別の場所にそれぞれ新たな宅地を整備する。土地の引き渡しは平成26年4月にも始める予定。
 同日、金ケ沢の移転先予定地で起工式が行われ、渡辺敬夫市長が「一日でも早く被災者の生活再建を支えたい」と式辞を述べた。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧