東日本大震災

  • Check

大熊の児童らスキー 北塩原、国内トップ選手が指導

スキーレッスンに臨む子どもたち

東日本大震災の被災地の子どもたちにスキー体験の場を提供する「キッズスノーフェスタ2013in福島」は28日、北塩原村の裏磐梯猫魔スキー場で開かれ、大熊町や猪苗代町の児童らが、国内トップ選手らからスキーの指導を受けた。
 全日本スキー連盟が実施しているスキー普及活動と、スキー業界復興支援などに取り組むNPO法人One'sHandsプロジェクトの主催。小学校1~6年までの児童約40人が参加した。
 アルペン女子ナショナルチーム所属の星瑞枝選手や元アルペン五輪代表の岡部哲也さんをはじめ、同スキー場のインストラクターら11人が指導に当たった。
 子どもたちは、初心者から上級者まで、実力別に分かれ、上達のコツなどを学んでいた

東日本大震災の最新記事

>> 一覧