東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

4県の子ども甲状腺検査 しこりの割合本県低く 詳細結果「福島、特異現象ない」

 環境省は29日、東京電力福島第一原発事故に伴う本県の甲状腺検査結果と比較するため青森、山梨、長崎3県で実施した甲状腺検査の詳細結果を発表した。6〜18歳の各年代で小さなしこりなどがある「A2判定」(二次検査の必要なし)の割合はいずれも50%台後半で、40%台前半〜50%台前半の本県の方が低かった。

 同省が8日に発表した3県全体の速報値でも「A2判定」の割合は本県が低く、同省の担当者は「年代別でも傾向は同じで、福島に特異な現象は見られない」としている。

 年代別、各県別の検査結果は【表】の通り。検査対象の年齢が同じで比較可能な6〜10歳、11〜15歳、16〜18歳の各年代別では、3県はそれぞれ「A2判定」が最も多く、半数以上を占めた。本県は6〜10歳、16〜18歳の年代で、しこりなどがない「A1判定」が50%を超え、「A2判定」は40%台前半だった。同省は「検査人数の違いなどを総合的に考慮すれば、数%の違いは大きな差ではない」とし、ほぼ同じ内容と分析している。

 県別では、山梨県(甲府市)の「A2判定」が69・4%で、本県より28・2ポイント高かった。一方、長崎県(長崎市)はほぼ同じ結果だった。県県民健康管理調査室は「県民の不安解消の一助になる。ただ、甲状腺は長期的に観察する必要があり、今後も検査態勢を拡充する」としている。

 県は原発事故発生時の0〜18歳の子ども約36万人を対象に甲状腺検査を実施している。13万3089人の集計を終了し、3人が甲状腺がんと確定している。同省は青森、山梨、長崎3県の3〜18歳の計4365人を対象に検査した。3県全体の「A2判定」は56・6%で、41・2%の本県の方が低かった。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧