東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

健康管理へ包括協定締結 川内村と長崎大

協定締結後に握手を交わす遠藤村長(右)と片峰学長

 川内村と長崎大の包括連携協定の締結式は20日、村コミュニティーセンターで行われ、遠藤雄幸村長と片峰茂学長が村民の健康管理などを柱にした協定書を取り交わした。
 協定は村民の健康相談や食品・飲料水などの放射性物質の測定、除染効果の評価などを同大が担う内容。村役場敷地内にある児童施設「なかよし館」内に復興推進拠点(サテライト)を設け、保健師の同大大学院生一人が常駐するほか、必要に応じて担当教授らが村内に入り、支援活動に当たる。放射性物質検査は当面、検査対象を同大に発送して実施する。
 締結式で遠藤村長は「昨年1月末に帰村宣言をして以来、村民の4割が村に戻った。低線量被ばくや放射線が及ぼす子どもへの影響などを心配する村民の気持ちに応え、長崎大との協定を村民の帰還と村の復興に結び付けていきたい」と語った。片峰学長は「福島県への支援は新たな段階に入っている。川内村を福島復興のモデルケースとするため、大学の総力を挙げて支援する」と述べた。
 引き続き、復興推進拠点の開設式が行われた。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧