東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

南相馬の旧警戒区域 モニタリング結果公表 環境省

 南相馬市の旧警戒区域(小高区と原町区の一部)での国の直轄除染に向け、環境省は、平成24年5月から10月まで同区域で実施した放射線モニタリング結果の速報値をまとめた。21日、市内で開かれた住民説明会で示した。同省はモニタリング結果を踏まえ、住民の同意を得て本格的な除染作業に入る。
 モニタリングは、同省が住宅などの除染方法を決めるため、生活圏を中心に実施した。建物の被災状況なども確認した。
 説明会は、市内の旧警戒区域で比較的放射線量が高く、行政区ごとに除染廃棄物の仮置き場を設ける小高区の6行政区(羽倉、大富、金谷、大田和、川房、神山)の土地や建物の所有者を対象に開いた。仮置き場の設置に向け、おおむね住民の合意が得られたためで、避難先から住民約200人が参加した。
 今後、同省から委託を受けた業者が、所有者立ち会いの下、除染の同意を得る。ある程度の同意が得られた地域から順次、除染を始める。1戸当たり1週間程度で作業を終える。
 住民からは「室内の除染も実施すべき」「国が長期的な除染目標とする年間1ミリシーベルトの明確な達成時期を示してほしい」「中間貯蔵施設を早く設置してほしい」などの意見が出された。
 市内小高区と原町区の一部の旧警戒、旧計画的避難両区域は24年4月、避難指示解除準備、居住制限、帰還困難の3区域に再編された。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧