東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

六魂祭安心に、除染開始 福島の4号国道

東北六魂祭パレード会場となる福島市の4号国道歩道の空間放射線量を測定する作業員

 東京電力福島第一原発事故による放射線の不安を払拭(ふっしょく)するため、東北六魂祭のパレードコースとなる福島市の4号国道で22日、国交省福島河川国道事務所による除染作業が始まった。初日は空間放射線量を測定した。
 除染を予定しているのはコースと出演者の待機スペースを含む北側の旭町交差点から南側の舟場町交差点までの約1・25キロ。この日の線量測定は北側から約400メートルの区間で実施した。20メートル間隔で歩道、側溝、路肩、車道の各地点で測った。
 5月7日から堆積物の撤去や高圧洗浄などの本格的な放射性物質除去作業を実施する予定。国道のアスファルト部分は劣化による修繕と合わせ、全て剥がして新たに舗装し直す。夜間に一部車線を規制して工事する。
 東北6県の代表的な祭りが競演する東北六魂祭は東日本大震災からの復興を願い、各県の県庁所在地で毎年持ち回りで開催している。一昨年の仙台市、昨年の盛岡市に続き、今年は原発事故からの復興も願って6月1、2の両日、福島市役所周辺の4号国道で祭りのパレードが繰り広げられる。市役所敷地内のメーン会場、周辺のサブ会場でも多彩な行事が企画されている。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧