東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

22カ所で線量減 モニタリングポスト周辺除染県が変化発表

 県は8日、文部科学省と共同で設置している可搬型モニタリングポスト572カ所(1月31日現在)のうち、平成23年12月から今年1月31日にかけて除染を実施した25カ所周辺での測定値の変化を発表した。22カ所で測定値が低減し、最大で毎時0・48マイクロシーベルト下がった地点があった。

 放射線量の変化は【表】の通り。最も下がったのは、楢葉町の上繁岡地区集会所で、除染前の毎時1・40マイクロシーベルトから同0・92マイクロシーベルトに低減した。25カ所の除染では周辺表土や芝生の除去、舗装面の洗浄、樹木の伐採、除草、側溝の清掃などが行われた。

 県は今回を含め、可搬型モニタリングポスト99カ所周辺での除染に伴う測定値の変化を公表している。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧