東日本大震災

「放射線・放射性物質Q&A」アーカイブ

  • Check

放射線 放射性物質 Q&A 「甲状腺機能亢進症」の症状は

 東京電力福島第一原発事故の影響による子どもの甲状腺の病気が心配です。「甲状腺機能亢進(こうしん)症」という病気があるそうですが、どのような症状ですか。原発事故の影響で発症する可能性はあるのでしょうか。
 
【回答者】県放射線健康リスク管理アドバイザー・長崎大大学院教授(放射線医療科学専攻) 高村昇さん
 
■ホルモンの過剰な分泌で発汗や動悸、手の震えも
 
 甲状腺機能亢進症は、甲状腺からホルモンが過剰に分泌されることによって起こる病気です。最も多いもので「バセドー病」があります。
 一般的には若い女性に多く発症し、症状には汗をかきやすくなることや、動悸(どうき)、手の震え、不整脈、食欲の増加、体重減少などがあり、場合によっては眼球が突出するケースもあります。
 甲状腺自体は大きくなることが多いのですが、人によってはあまり甲状腺の腫大が目立たないこともあります。診断は血液を採取して甲状腺ホルモンや、甲状腺に対する自己抗体を測定して行います。
 甲状腺機能亢進症の治療は内服薬による治療が一般的です。ただ、薬が効きにくい人や副作用が強い人、短期間での治療を希望される方には、甲状腺を摘出する手術療法や、放射性ヨウ素の内服によって甲状腺機能を抑える治療(アイソトープ治療)をすることもあります。
 長崎や広島の原爆被爆者、あるいはチェルノブイリ周辺住民を対象としたこれまでの調査では、甲状腺の放射線被ばく線量と甲状腺機能亢進症との関連は認められていません。県内の一般住民の甲状腺の被ばく線量は極めて限られているため、甲状腺機能亢進症が放射線被ばくによって起こるとは考えにくいと思います。一方で、甲状腺機能亢進症は放置すると心臓などの臓器に合併症を来すことがあるので、医療機関での適切な診断、治療を受けることをお勧めします。

カテゴリー:放射線・放射性物質Q&A

「放射線・放射性物質Q&A」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧