東日本大震災

  • Check

ふくしま復興塾が開講

本県復興への思いを胸に集まった塾生

 本県の復興を担う若者向け人材育成プロジェクト「ふくしま復興塾」が18日、開講した。県内外から集まった大学生や会社員、公務員ら27人が12月まで本県の課題を掘り起こし、解決のためのプロジェクト立案に取り組む。
 福島大うつくしまふくしま未来支援センターなどでつくる実行委員会の主催。初日は郡山市の郡山情報ビジネス専門学校で開講式を行った。主催者を代表し中井勝己センター長が「この塾で多くのことを学び、復興のリーダーとなることを期待している」と述べた。発起人の木幡仁一税理士もあいさつした。
 塾生は産業、食、コミュニティー、子どもの4つのテーマ別のグループで課題を発掘し、解決策を模索する。旧警戒区域の浪江町やチェルノブイリ原発事故が起きたウクライナを視察するほか、専門家の講演を聴き問題に対する取り組み方などを学ぶ。
 塾内で立案した課題解決プロジェクトに基づき、卒業後にそれぞれの立場で実践する。
 ふくしま復興塾にはキリンが復興支援として協力している。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧