東日本大震災

  • Check

350人、復興へ元気発信 7月開催の全国女将サミット 郡山

全国女将サミット開催をPRする(左から)渡辺、小口、片桐さん

 7月に郡山市で開催される「第24回全国女将(おかみ)サミット2013福島」には、全国各地の旅館やホテルのおかみ約150人を含め、約350人が出席し、東日本大震災からの復興に取り組む本県の姿を全国にアピールする。
 サミットは運営委員会、旅行新聞新社の主催で、7月25日午後1時から郡山市の郡山ビューホテルアネックスで開く。本県での開催は初めて。芥川賞作家で三春町・福聚寺住職の玄侑宗久さんが講演した後、分科会で社員教育やサービス、グローバル化などについておかみが意見交換する。引き続き懇親パーティーを催す。
 運営委員会の小口潔子委員長(郡山市磐梯熱海温泉・四季彩一力)は20日、PRで福島民報社を訪れ、渡部世一会長、高橋雅行社長と懇談した。
 小口委員長は「手作りの集いにする。復興に向けて歩む県内や元気なおかみの姿を全国の人に見に来てほしい」と述べた。
 渡辺いづみ副委員長(福島市土湯温泉・山水荘)、片桐栄子委員(郡山市磐梯熱海温泉・ホテル華の湯)が一緒に訪れた。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧