東日本大震災

「連載・今を生きる」アーカイブ

  • Check

今を生きる 県民の思い踊りで表現 全国で複数入賞

中高生部門で2位になり笑顔を見せる「SKーD2」のメンバー

■いわきの神永宰良さん主宰ダンス教室 エクスプレションD.S.

 いわき市の舞踊家・神永宰良(さいら)さん(52)が主宰するダンス教室「エクスプレションD.S.」が第24回JDAダンスコンクールの複数部門で上位入賞を果たした。東日本大震災と東京電力福島第一原発事故を忘れてほしくないという思いを踊りで表現し、観客や審査員の心を打った。
 神永さんは舞踊家として活動するのと並行して福島、いわき両市に置いているスタジオで子どもたちを指導している。今回のコンクールでは、作者作品部門で神永さん演出・振り付けの作品が最優秀賞・文部科学大臣賞に輝いたのをはじめ、中高生部門で生徒7人によるダンスユニット「SK-D2」が2位、10人による「SK-D1」が10位になった。ジュニア部門に出場した7人組のユニット「MC3」は5位・チャコット賞を受けた。
 披露したのは、震災と原発事故をテーマにした踊り。神永さんや講師陣、生徒が共に話し合い、一緒に作り上げた。不安や混乱、怒りや悲しみ、夢や希望-。踊りを通して本県のメッセージを伝えることが風化を防ぐことにつながると信じ、舞台に立った。会場からは大きな拍手が送られた。
 神永さんは「子どもらの笑顔が復興につながると確信している。この子たちは未来への希望だ」と生徒の活躍をたたえている。
 コンクールは日本ジャズダンス芸術協会の主催で4日に東京の山野ホールで開かれた。
 コンクールに出場し入賞したメンバーは次の通り。
 ◇中高生▽2位=中川鈴菜(いわき総合高)植新真帆、木下はな(磐城一高)杉本有彩(翔洋学園高)吉川暁帆(磐城桜が丘高)栗原瑞歩、草野真依(磐城高)▽10位=今野夢惟(いわき・泉中)菅原梨央、中村美里(平三中)秋山華琳、桜井聖来、佐藤亜美(四倉中)四家まりあ(小名浜二中)山口愛美(中央台南中)江川実優(平二中)野沢真奈(中央台北中)
 ◇ジュニア▽5位・チャコット賞=佐藤愛奈(渡利中)佐藤優梨、太田茉里奈(北信中)鈴木怜奈(平四小)阿部琴音(中央台東小)佐藤よし乃、新妻真里奈(平四小)


カテゴリー:連載・今を生きる

「連載・今を生きる」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧