東日本大震災

  • Check

避難の仲間再会、喜びのプレー 浪江町長杯パークゴルフ

プレーを通じて交流した浪江町の出場者

 浪江町長杯パークゴルフ大会は26日、二本松市の日山パークゴルフ場で開かれ、東京電力福島第一原発事故により県内外に避難している競技愛好者の町民が集い、再会を喜び合った。
 パークゴルフを通じて元気を取り戻してもらおうと、町、町教委、町中央公民館が主催した。なみえパークゴルフ協会の主管、福島民報社などの後援。県内外から約100人が出場し、36ホールストロークプレーで競った。会場では、久しぶりに再会した町民同士の談笑する姿が目立った。昼食になみえ焼そばが振る舞われた。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧