東日本大震災

  • Check

川内村が初の賠償請求 東電に損害3億4541万円

石崎副社長に請求書を手渡す遠藤村長(左)

川内村は27日、東京電力に対し、福島第一原発事故の損害賠償として約3億4541万円を請求した。同村の賠償請求は初めて。
 請求の対象期間は原発事故発生から昨年3月末まで。主な請求の内容は、避難による復旧の遅れで被害が広がった本庁舎修繕などの復旧工事費約1億2314万円、教育施設などの室内除染費約7137万円など。平成24年度分については今年12月ごろにも請求する見通し。
 遠藤雄幸村長が楢葉町のJヴィレッジ内にある東電福島復興本社で、東電の石崎芳行副社長(福島復興本社代表)に請求書を手渡した。遠藤村長は「復興には財源の担保が必要。速やかな対応をお願いしたい」と述べた。石崎副社長は「早急に内容を確認し、スピード感を持って対応したい」と答えた。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧