東日本大震災

  • Check

県、イノシシにGPS装着へ 放射性物質動態調査

イノシシの行動調査に向けて協議した会議

 野生動物に対する放射性物質の動態調査に取り組む県は平成25年度、イノシシ4頭に衛星利用測位システム(GPS)を取り付け、イノシシの行動と放射性物質の関係などを調べる。27日に福島市のふくしま中町会館で開いた野生動物行動分析会議で示した。
 6~7月に二本松市岩代地区で捕獲し、GPSを付けて放す。10月ごろに再度捕獲し、胃の消化物を調べ、エサの放射性物質濃度などを調べる。イノシシの筋肉などに含まれる放射性物質なども確認する。
 調査は国際原子力機関(IAEA)との協力プロジェクトとして実施する。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧