東日本大震災

「原発事故関連死」アーカイブ

  • Check

1億2600万円求め東電提訴 相馬の酪農家遺族「原発事故で夫自殺」

 東京電力福島第一原発事故で将来を悲観して自殺した相馬市の酪農家菅野重清さん=当時(54)=の妻(35)と小学生の息子2人は30日、東電に約1億2600万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。
 菅野さんは乳牛約40頭を飼育していたが、事故後、原乳が出荷停止になった。フィリピン国籍の妻が子どもたちと一時帰国していた平成23年6月10日、牧場の小屋で自殺。壁に「原発さえなければ」「仕事をする気力をなくしました」と書き残していた。
 妻側は、家族が離散し、酪農家として営農の可能性が失われるという深刻な悩みの末にうつ病を発症したと主張。「原発事故と自殺との因果関係がある」としている。
 提訴後、東京・霞が関の司法記者クラブで会見した妻は「原発がなければ夫は生きていた。子どものために東電と闘う」と涙ながらに話した。
 代理人を務める保田行雄弁護士(東京)によると、原発事故が原因とみられる自殺者の遺族が東電を提訴するのは3例目で、避難区域外では初めてという。
 東電は「多くの皆さまにご迷惑をお掛けし、あらためておわびしたい。訴訟についてはコメントを差し控えるが、事情を伺った上で真摯(しんし)に対応したい」としている。

カテゴリー:原発事故関連死

「原発事故関連死」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧