東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

双葉町役場「いわき事務所」開所

双葉町役場いわき事務所の開所式であいさつする伊沢町長

 東京電力福島第一原発事故で全住民が避難している双葉町は17日、役場機能を埼玉県加須市からいわき市東田町に移し、新しく建設した仮庁舎「いわき事務所」で開所式を行った。双葉町の役場移転は4回目で、原発事故から2年3カ月を経て県内に戻った。
 開所式で伊沢史朗町長は「除染や賠償、学校再開などの課題を抱えている。一つ一つ着実に解決したい。いわき事務所を町の復旧・復興の拠点にしていく」と述べた。佐藤雄平知事、吉田寿市勿来支所長、佐々木清一町議会議長らが祝辞を述べ、岩本久人町議会副議長の発声でお茶で乾杯した。玄関前で伊沢町長や佐藤知事らがテープカットした。
 いわき事務所では町職員89人のうち67人が勤務する。これまで役場機能があった加須市の旧騎西高に埼玉支所を置き、郡山市に郡山支所を設ける。両支所ではそれぞれ11人の職員が業務に当たる。
 町によると、町民3783人が県内に、3131人が県外に避難している。
 双葉町役場は原発事故後、川俣町、さいたま市を経て加須市に移っていた。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧