東日本大震災

  • Check

将棋の名人戦招致委発足 喜多方で来年開催目指す

喜多方での名人戦開催を目指す招致委員会の設立総会

 来年の将棋の名人戦を喜多方市で開くことを目指す同市の第72期名人戦招致委員会の設立総会は24日、市役所で開かれた。伝統文化のビッグイベント開催で東京電力福島第一原発事故による風評の払拭(ふっしょく)などにつなげる。
 日本将棋連盟会津王将会支部の武蔵正憲支部長、山口信也市長、芳賀忠夫市教育長、田代衛きたかた商工会長、安田茂熱塩温泉旅館協同組合理事長ら11人が出席した。
 今後は7月初旬に日本将棋連盟に開催応募用紙を提出、主催者による現地視察などを経て来年1月ごろに正式に開催地が決定する。
 設立総会では、市内熱塩温泉の旅館を開催候補地に挙げることや関連イベントの小中学生将棋大会開催など、今後の方針を決めた。招致委員会の委員長に武蔵支部長、副委員長に唐橋幸市郎会津喜多方商工会議所会頭を選んだ。事務局は市教委文化課に置く。県内では昨年にいわき市で名人戦が開催されている。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧