東日本大震災

  • Check

仮設住民に農産物 岐阜の伊藤さん福島銀通じ贈る

森川社長に農産物を贈る伊藤さん(中央)

 岐阜県海津市の伊藤国男さん(73)は25日、福島銀行の株主総会に合わせて福島市の同行本店を訪れ、東京電力福島第一原発事故の避難者への支援物資として農産物を贈呈した。同行は市内の仮設住宅に配った。
 海津市の有志が栽培したコメ120キロとトマト、ジャガイモ、タマネギなどを贈った。伊藤さんは海津市でボランティア団体の会長を務めており、原発事故の後、被災地支援の一環として同行の株主となった。株主総会に合わせた農産物の贈呈は昨年に続き2回目。森川英治社長に手渡し、「避難者のために役立ててほしい」と語った。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧