東日本大震災

「福島第一原発事故」アーカイブ

  • Check

山形、新潟で提訴 東電と国に本県被災者

 東京電力福島第一原発事故により精神的苦痛を受けたとして、本県から山形、新潟両県に避難している計163世帯581人の被災者が23日、東電と国に対し1人当たり1100万円、計63億9100万円の損害賠償を求め山形、新潟両地裁に提訴した。
 両県の避難者を支援する弁護団によると、山形地裁に提訴したのは、避難区域に設定されていた南相馬市と富岡町の8世帯26人と福島市や郡山市の54世帯201人で、総額は24億9700万円。新潟地裁に提訴したのは、浪江町などの28世帯90人と福島市などの73世帯264人で、総額は38億9400万円となる。群馬県に避難した被災者も、9月11日に前橋地裁で同様の訴訟を起こす予定。3県の避難者は連携して訴訟を進めていく考え。
 原発被害救済山形弁護団の外塚功弁護士は、原子力損害賠償紛争解決センターの提示する和解案は精神的被害を過小評価していると主張した上で、「自主避難者らの救済に向けて、実態に合った賠償を求めていく」と提訴の意義を語った。
 国と東電を相手取った同様の訴訟は、全国で他に6件起こされている。
 自主避難で山形県に住んでいる女性(32)は提訴後の記者会見で「司法にはこの国に生まれて良かったと思えるような判断をしてもらいたい」と涙を流した。

カテゴリー:福島第一原発事故

「福島第一原発事故」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災の最新記事

>> 一覧