東日本大震災

  • Check

飯舘の児童が米軍基地を訪問 「沖縄までいの旅」最終日

嘉手納基地の消防隊員の指導で放水する児童

 東京電力福島第一原発事故で全村避難している飯舘村の小学6年生が沖縄県を巡る「沖縄までいの旅」の一行は24日、3泊4日の日程を終え、帰福した。
 最終日は米軍嘉手納基地を訪問した。ジェイムズ・へカー米国空軍准将が歓迎のあいさつをした。ヘリコプターによる救難訓練を見学し、基地内消防隊の指導で放水などを体験した。基地に暮らす米国人との食事会もあった。
 沖縄までいの旅には草野、飯樋、臼石各小学校の児童と、県内外に区域外就学している児童計49人が参加した。読谷村の子どもたちと交流したほか、戦争の悲惨さや自然の大切さを学んだ。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧