東日本大震災

  • Check

「裏切り行為」抗議 第一原発汚染水流出 東電社長に県漁連会長ら

東京電力の広瀬社長(左端)に抗議書を手渡す全漁連の岸会長と県漁連の野崎会長(左から2人目)ら=25日午前、東京・内幸町

 東京電力福島第一原発の汚染水が海に流出している問題で、全国漁業協同組合連合会(全漁連)と福島、宮城、茨城各県の漁連・漁協は25日、東電本店を訪れ、広瀬直己社長に「全国の漁業者・国民に対する裏切り行為だ」と抗議した。汚染水対策の抜本的見直しや、海域モニタリングの徹底などを求めた。
 要望では、全漁連の岸宏会長が「極めて遺憾で、強い怒りを抱く」と東電の対応を強く批判。県漁連の野崎哲会長も「止水対策に全力を傾注し、これ以上の環境悪化や、試験操業の停滞がないようにしてほしい」と語気を強めた。広瀬社長は「誠に申し訳ない」と謝罪した。
 要望後、野崎会長は「原発事故以来、最大の不祥事、失敗の局面であることを認識するよう申し入れた。(東電から)海洋の汚染防止については破綻したと重く受け止め、対策を強化するとの話があった」と述べた。
 広瀬社長は「汚染水が海に漏れない対策を早急に講じる。モニタリングも徹底し、少しでも安心してもらえる対策をしていく」と強調した。
 福島第一原発では、敷地海側にある観測用井戸で5月下旬に採取された水から高濃度の放射性物質が検出され、周辺の井戸や港湾内の海水でも放射性物質の検出が相次いでいる。東電は当初、汚染水の海洋流出に否定的な見解だった。流出を裏付けるデータが見つかったとして7月22日に一転して認めた。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧