東日本大震災

  • Check

避難者支援検討 福島で円卓会議

生活再建に向けた課題などを協議する出席者

 避難生活が長期化している被災者の支援策を検討する「東日本大震災生活復興プロジェクト」の復興円卓会議は30日、福島市のこむこむで開かれた。
 復興庁の委託事業で、神戸市の「公益財団法人ひょうご震災記念21世紀研究機構」の主催。NPO関係者、神戸大などの研究者、県内の保護者らが出席した。
 東京電力福島第一原発事故を受け、子どもと自主避難した経験を持つ保護者は「屋内遊び場が足りない」などと訴えた。
 今年度、プロジェクトを本県、岩手、宮城の3県で20回程度開催する。生活再建に向けた課題や解決策を具体的な手順で示した工程表を今年度内にまとめ、被災地の行政機関や被災者支援のNPO団体などに役立ててもらう。31日は福島大でも実施する。

東日本大震災の最新記事

>> 一覧